Windows 10 インストール後に virtio に変更する方法

仮想環境に Windows 10 インストールした後、virtio に変更する方法の覚え書き。

1.必要なもの

必要なものは下記の通り。
・Windows 10 の ISOイメージ
・virtio のドライバが入っているISOイメージ
後者は https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/repo/latest/ から入手。

2.修復モードで起動する。

まずは、Windows 10 の ISOイメージをマウントして CD/DVDから起動する。


起動後上記画面が表示されたら、「次へ(N)」をクリック


次の画面では左下の「コンピュータを修復する(R)」をクリックすることで修復モードに入る。

3.コマンドプロンプトの実行

修復モードに入ると下記画面が表示される。
virtio_3
ここでは「トラブルシューティング」を選択。


詳細オプションは、みんな大好き「コマンドプロンプト」を選択することで、コマンドプロンプトが表示される。

4.ドライブの確認

仮想環境にマウントしてあった Windows 10 のイメージを、virtio のドライバのイメージに交換し、適当に dir コマンドを打って、ドライブの割当を確認しておく。



今回の環境では、下記の通り。
 Dドライブ → Windows 10 のマウントさている環境
 Fドライブ → virtio のドライバ
 Xドライブ → 作業用ドライブ(固定)

5.ドライバのインストール

下記の要領で、コマンドを入力



下記コマンドでドライバの読み込み
drvload f:\viostor\w10\amd64\viostor.inf

下記コマンドで、Windowsのドライブにドライバを配置
dism /image:d:\ /add-driver:f:\viostor\w10\amd64\viostor.inf

インストール完了後、詳細オプション画面に戻るので「PCの電源を切る」を選択し、仮想環境のインタフェースを virtio に変更して再起動できれば完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA